本文へ移動

記事検索

包括支援センターの熱中症対策への取り組み

2021-06-15
注目
なぜ高齢者が熱中症になりやすいのか
コロナの影響により包括でも事業所にいながらWEBで研修を受ける機会が増えています。今回はこれからの時期注意が必要な『熱中症対策』について改めて研修を受けました。なぜ高齢者が熱中症になりやすいのか、子供や成人に比べて高齢者は体内水分量が低いのです。他にも暑さを感じにくかったり、のどの渇きに気づきにくい、トイレが気になり水分を控えがち…なんてことも。各自治体でも写真のような注意喚起のチラシを配布しています。私たち包括でも訪問時にチラシをお渡ししながら、お声かけをします。また、自分たちも保冷タオルや水筒などを使用して予防に努めています。それぞれ対策を行いながら暑い夏を乗りきりましょう。
1
1
2
5
6
0
TOPへ戻る